虹子ララバイ(11)です。

三枝の罠にはまり、ヤクザに監禁され、麻薬漬けにされていた虹子を救ったのは清和会の緒方だった。
お光を取り返し、愛美のもとへ帰ることだけを信じて奇跡の回復を遂げた虹子。
しかし虹子が留守にしていた10日間の間に、愛美は貴志の両親の手で連れて行かれていた…。
虹子とお光が最後の舞台に選んだ土地はススキノ。
しかし激しい疲労と衰弱のため、虹子は倒れてしまう。
入院中、今までいかに愛美に寂しい思いをさせていたかということを思い知った虹子は、ようやく愛美を貴志の実家に預かってもらう決断をする。
そして愛美を手放した虹子の前に現れたのは…。
出版社に勤める五月は、妻子ある小説家、三枝仁と恋に落ちてしまう。
妻と別れるという三枝の言葉を信じ、五月は彼の仕事場に暮らしはじめた。
そのマンションの隣に住むイラストレーターの朋子には、圭介という恋人がいたが、彼には彼女以外にも女性関係があった。
朋子の隣には政治家秘書の妻、藤村亜紀子の愛人、劇団員の来栖貢が住んでいた。
同じマンションに住む3人の愛人たち、それぞれの愛の葛藤を描く問題作!!五月は出版社を辞め、マンションで三枝の帰りを待つ日々が続いていた。
五月の妊娠が発覚し、結婚できると喜んでいた五月だったが… 一方、朋子の恋人、圭介は浮気相手の妊娠が発覚し、結婚すると告げられる。
貢は不倫相手の亜紀子の妊娠を知らされるが…!? 妊娠という現実に、傷つき悩む愛人たちのそれぞれの愛とは!?三枝の子を堕胎し、手術後のストレスで二度と子供を生めない体になった五月。
ついに、五月は三枝との別離を決意し、一人で生きていく決意をする。
朋子もまた、圭介の妻が出産したことを知り、彼との関係にピリオドを打つことを考える。
それぞれの仕事を励ましあい、相手を待つだけの生活から脱却しようとする愛人たちは…続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007677