セーラー服と機関銃の説明ページ

父を殺されたばかりの可愛い女子高生星泉は、組員四人のおんぼろやくざ目高組の組長を襲名するはめになった。
襲名早々、組の事務所に機関銃が打ちこまれ、早くも波乱万丈の幕開け。
さえない中年男、深田栄一が経営する結婚相談所には風変わりな希望の客が多い。
その都度、所長の深田と二十三歳の小柄でキュートな寺沢紘子の二人は天手古舞。
奇想天外な着想と推理。
35歳の大学教授・玲子と、その助手で8歳年下の哲平は恋人同士。
狼男の仕業と言われる殺人事件や吸血鬼、呪いの人形など、様々な不思議な事件に首を突っ込む二人の活躍を描いた連作ホラー小説集。
この巻には大正八年に書かれた小説を中心に、他に若干の評論・随筆類を収めている。
作者はこの年を迎えて、歴史から現代へと動く志向が明瞭になってきた。
大正九年の三月から十月にかけて書かれた小説十一編と、他に若干の小品、随筆を収めている。
表題作の他、「秋」「黒衣聖母」「或敵打の話」「女」「素戔鳴尊」「老いたる素戔鳴尊」等を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008116