告白scent of declaration の説明

優しくて真面目な弓弦と美しく冷たい計司…同じマンションの 隣り合った部屋に暮らし、一緒にウェブ制作会社を経営してい る幼なじみの二人。
まるで正反対の二人の間を繋ぐものは、14 歳の夏に起きたある“出来事”だった。
そんな二人のもとへ突 然、計司の息子だと名乗る少年、開が現れ居候することに…。
 イラスト:ひびき鈴音ある時、僕は「出社するに及ばず」という会社からの通知を受け取った。
出勤せずに給料をもらえるのかと思いきや、どうやら僕は首になったらしい。
一緒に首になっていた栄太郎先輩と僕は、期せずして意気投合した。
栄太郎先輩の提案で、僕達は金持ちになるため、ヤマタノオロチの宝を探す旅に出た… 水木しげる、幻の初期作品復刻!!私の勤めていた大学の近くに、大きな古いはくせい屋があった。
はくせい屋の主人が後生大事に持っている水晶球を、ある時、奥さんが売ろうとするので、主人は僕のところに預けに来た。
その不思議な水晶球は、覗き込むと別の世界の景色が見えた。
光の角度によって、一日一分位の時もあるし、二〜三時間見えることもある。
三千円で三間の超格安物件。
しかし、その家を借りるには、「親類がいないこと」という謎の条件が付いていた。
なにしろ、明日までに出るようにとおいたてられている。
十万円の権利金と、三千円の家賃を払い、早速引っ越してみる。
入ってみると、とてもいい家だった。
やっとこれで人並みの生活ができると思っていた貧乏漫画家だったが…!?大学で言語学を専攻している二人の学生は、夏休みを利用して、「神様」という言葉は、「髪様」から出たものである、という確かな証拠を見つけようと、日本のチベットと呼ばれる北上川上流の村を調査しに出かけた。
鉄道がなくなってしまったので、途中からは歩きだ。
10日ばかり歩いたところに、神武以来、同じ生活をしている村があると言う。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007706