ギャルボーイ!(19)ってなんだろう

昔の恋人がズルいのは、何年経っても色あせないから――。
友弘の前に現れたのは、大学時代に憧(あこが)れた、美人で大人な先輩だった。
突然の再会に涙を見せた“元彼女”は、友弘(ともひろ)の心に懐かしい痛みを投げかける……。
ふさぎ込む夫を前に、女の直感から落ち込む晃(あきら)。
純情ハートの晃には、一番美しかった思い出になんて、太刀打ちできないと分かるから。
大人になんてなりきれない、三者三様の愛のかたち、第19巻。
三高男に振られたって大丈夫なのに、ありのままの私でぶつかる恋は、どうしてこんなに怖いんだろう? ――晃(あきら)の幼なじみの好江は、お局(つぼね)扱いが怖くて会社を退職。
お見合いパーティを飛び回るほどおムコ探しに必死だけれど、ほんとの出会いはすぐそこだった! 全然かっこよくない小料理屋を切り盛りしている、不器用な男に芽生えた恋。
背伸びをしない恋だから、砕けることが苦しくて、胸がいっぱい熱くなる……!「オレの嫁さん、貸し出します!?」――同級生の頼みとあって、友弘(ともひろ)が引き受けてしまった“お芝居”とは、妻の晃(あきら)を「ニセモノの恋人」として貸し出すこと! 嫌がる晃にドレスを着せて送り出したはよいものの、男・友弘、あんまりキレいな嫁さんが、他人の恋人役をやることに嫉妬がメラメラ止まらない。
だけど、「ニセモノ」じゃない証明にと、好きでもない男とチークダンスを踊らされている、晃が一番可哀想じゃありません!?博多新聞東京支社の記者達が出会う事件の数々、それら記事の一つ一つには、さまざまなドラマがある。
時に彼らは、そのドラマに、怒り、涙し、喜び、そして次の取材へ向かう。
そんなドラマの数々を、長谷川法世が描いた珠玉のストーリー。
博多新聞東京支社の記者達が出会う事件の数々、それら記事の一つ一つには、さまざまなドラマがある。
時に彼らは、そのドラマに、怒り、涙し、喜び、そして次の取材へ向かう。
そんなドラマの数々を、長谷川法世が短編形式で描く、珠玉のストーリー。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60020310