ブランドビジネスを見てみる。

「日本人は、魔法が好きなんだと思います。
それも大勢で見る魔法が。
日本人は良い意味で幼稚、若い国民です。
あと1000年は成熟しないでしょうね」イタリアのある有名ブランド日本法人社長の言葉である。
ブランド物が大好きな日本人は、まさに皆この「魔法」にかかっているようだ。
そのブランド好きをさらに煽る、海外スーパーブランドの方法論とは。
なぜルイ・ヴィトンがひとり勝ちなのか。
その好調さに死角はないのか。
二次流通の実情、日本人の「ブランド熱愛史」、ブランドの新動向など、多角的観点からブランドビジネスの全貌を解き明かす!本書で扱うのは「冤罪の過ち」である。
なぜ被疑者・被告人ははってもいないことを「やった」と言ってしまうのだろうか。
なぜ私たちはその「嘘」を見抜けないのだろうか。
「過ちの現場」となる取調室で何が起こっているのだろうか。
心理学者として供述証拠の真偽を鑑定してきた著者が探る「取調室の謎」と「過ちの構造」。
ぶらり気ままに、はたまた用意周到に、四季折々の鉄道旅行を楽しもう。
車窓に流れる風景、行く先々で味わう名物、心はずむ名物列車や特別列車との出会い……。
鉄道でめぐる日本は、何と魅力にあふれていることだろう!おもしろコラム、写真も旅情も満載!北へ南へ、日本全国を列車で訪ねる12章。
なめらかにペダルを回し、緩やかにカーブを描く道を辿っていけば、タイヤと路面が奏でる軽やかな音に乗って、森の梢が揺れる響きや、川のせせらぎの旋律も聞こえてくる。
風と光が流した汗を労ってくれる、峠の上り。
静かな湖畔の散策、街角のティータイム……。
自らの足と愛車とで創り出す自転車の旅は、心と体に、たとえようもない充足感と深い安らぎを与えてくれる。
四季折々の山と海、風土に根ざした人の営みを愛でつつ、道との出会いを求めて、自由な旅に出てみよう。
悪質商法に引っかかるのは、「世間知らず」だから?実は被害者で最も多いのは、社会の第一線で活躍する男性サラリーマン。
いまや、誰もが悪質商法被害にあう可能性がある時代。
「自分だけは」と思っても、なぜ消費者はだまされてしまうのか。
悪質商法の何が問題なのか?どうすれば悪質商法はなくなるのか?数多くの消費者問題に取り組んできた弁護士が語る悪質商法の病理と、被害への対処法。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007510